海外医薬品を個人輸入したいと思ったら

世界各国ではたくさんの医薬品が流通していますが、その全てが日本で認可されているわけではありません。
その為、評判となっている物であっても、日本では未認可の物もあります。
ただ、日本でそれらの薬を買う事は法律では認められているので、欲しいと思えば買えないわけではありません。
では、海外医薬品はどのようにすれば手に入れる事が出来るのでしょうか。

方法としては2つあります。

best2 一つはその国まで自分で行って、そこのお店で買ってくるという事です。
ただこの方法だと時間もお金も必要となるので、それだけの為に海外に行くのは余り現実的ではありません。
(旅行のついでで買ってくる感じの方が良いでしょう)もう一つは個人輸入をするという事です。
この方法は、海外で流通している医薬品を自分で輸入する事になります。
直接海外のお店に自分で注文する事もできますが、その国の言葉を理解してコミュニケーションを図らなければいけないのでなかなか大変です。
その為、現在では多くの人が代行サイトを利用して個人輸入を行っています。
個人輸入の代行サイトで有名なところの一つがベストケンコーです。
取り扱っている物は全て正規品なので、安心して服用する事ができます。
また、サイト自体は全て日本語なので、言語の面で苦労する事も有りません。
その為、個人輸入とはなっていますが、普通に国内でネットショッピングをする感じで注文する事ができます。
勿論支払いは日本円でOK、さらに商品はしっかりと梱包して貰えて、中に何が入っているか外観からは分からない状態になっているのです。
このような理由により、現在では個人輸入代行と言えばベストケンコーと言われる程人気があるサイトとなりました。
ただ、海外医薬品の個人輸入は確かに薬事法でも認められていますが、いくつか注意点があります。
その一つが自分が使う時のみ輸入できるという事です。
例えば男性向けの物を女性の名前で買うことはできません。

(その反対も勿論無理です)あくまでも自分が使う為にのみ、というのを守るようにしましょう。
もう一つはまとめ買いする方がお得なのではないかと一気にまとめて買いたくなってしまうかもしれませんが、輸入の量には制限があります。
その量は2か月分で、それ以上輸入しようとすると税関で没収されてしまう事があるので注意しましょう。
この2つのルールを守れば、代行サイトで紹介されている医薬品については個人輸入は可能です。
それほど難しいルールではないので、それを守って正しく輸入する様にしましょう。
また海外医薬品は海外に住んでいる人には確かに効果があると保証されていますが、日本人に効果があるかどうかは保証されていません。
その為、服用に関しては自己責任となる事を良く理解しておきましょう。
出来るだけ安全な薬を購入する為にも、ただ値段が安いとかの代行業者を利用するのではなく、ベストケンコーの様に正規品しか扱っていないと言っている所を利用する方が安心です。